「イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2019」


7月11日(木)

13:00-13:05ワークショップ事務連絡 演者
13:05-13:10開会挨拶  □□□□□
13:10-13:40【基調講演】小麦粉を使った食品づくりを科学的に理解する試み 早川克志
13:40-14:00水稲のスマート育種研究の現状と展望について 米丸淳一
14:00-14:20育種現場でのデータ活用 小林麻子
14:20-14:40ROOTomics: Towards a deeper integrated multi-omics approach in the root system to develop climate-resilient rice 宇賀優作
14:40-15:00休憩
15:00-15:20NBRPイネリソースの利活用向上に向けて〜野生イネへの遺伝子導入の試み〜 佐藤 豊
15:20-15:40イネコアコレクションのゲノム情報整備とゲノムワイド関連解析 田中伸裕
15:40-16:00Control of subcellular localization of a KNOX transcription factor in rice. 津田勝利
16:00-16:30ポスター発表フラッシュトーク(90秒/ポスター)
16:30-17:00奇数番号ポスターセッション
17:00-17:30偶数番号ポスターセッション
17:30-17:45ポスターの回収
17:45-19:30懇親会
7月12日(金)

09:00-開場・受付開始 演者
09:30-10:00【基調講演】土壌汚染に強いイネを作る 石川 覚
10:00-10:20イネ有用遺伝子カタログの構築に向けて 杉本和彦
10:20-10:40データ駆動型育種による育種素材の開発に向けて 堀 清純
10:40-11:00休憩
11:00-11:20Polymorphic Edge Detection : 効率的なNGS配列からの多型検出法 宮尾安藝雄
11:20-11:40Nanopore sequencingとLinked-read sequencingによるインディカ水稲品種「IR64」ゲノム配列解読 田中 剛
11:40-12:00イネの花粉成熟・葯タペート細胞のプログラム細胞死制御におけるオートファジー・ROS生成酵素の役割とその制御機構 小川和准
12:00-13:00昼休み
13:00-13:20イネ茎頂メリステムにおける植物ホルモンシグナル伝達のイメージング 佐藤萌子
13:20-13:40イネの精密ゲノム編集 雑賀啓明
13:40-13:45閉会挨拶
14:00-16:00農研機構ラボツアー